忘れられた街に残されていた想いを紡ぐとき


人は選択を迫られる