「皆藤は?」

「えっと、今、手が離せないらしくて……」

そんなの嘘。

皆藤から「俺、あの女のところに行きたくないから、お前行ってこい」と仕方なく富山一人できた。

一応先輩だし、言うことを聞かないとまずいだろう。

麻都佳は「ふーん」と興味無さそうに富山の隣に座った。

妙な威圧感に富山は身動きができない。


この作品のキーワード
推理  殺人  七不思議  自殺  いじめ  探偵事務所  探偵  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。