高校一年の時、たまたま隣の席になったあの日から、大学四年になる今まで、腐れ縁が続いてきた。
彼氏と別れた夜、行きつけのバーで飲んでいたら、なにやら話は怪しい方向へ。



彼女ができても長続きしない遼と、彼氏ができても長続きしないあたし。
理由は単純なことだったんだね。





この作品のキーワード
親友  ベタ惚れ  同級生  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。