骨董品店を営む祖父と暮らす思葉は『観える』女子高生


しかし観えるのは霊的なものではなかった


そんな彼女のもとにある日、廃神社に残されていた太刀が引き取られる


刃こぼれしていないのが奇跡なほど古いその太刀は、魂と『霧雨玖皎』の名を持つ妖刀だった



「おい小娘、おれの声が聴こえるのか?」


「うそ、あんた喋れるの?」



妙に人間臭い妖刀と過ごすなか、店に更に厄介な物が預けられてしまう


巻き込まれていく思葉の運命は……




「大丈夫、幽霊は死んだ人間だから生きた人間より強いわけがないよ」


「何言ってるんだ、相手は人間じゃないぞ。ついでに言うと死んでもいないからな」


「えっ」





女子高生

&

日本刀



王道(?)組み合わせ和風ファンタジー



*若干ホラー要素を含みます╭(°A°`)╮*
*でもそんな怖くないです、多分╭(°A°`)╮*
*若干の流血・残酷描写が入ります╭(°A°`)╮*
*でも気にするほどじゃないです╭(°A°`)╮*
*「大体こんな感じだろ」で書いております故
どこか間違っていたらごめんなさい╭(°A°`)╮*
*史実の出来事・人物・集団がフレーバー程度に出ますがすべてフィクションです*


―――――

氷月あや さま

素敵なレビュー感謝です!

―――――



✧2015.5.3 おまけ後日談『花』追加しました✧
✧ベリカジャンル別ランキング最高6位!!(感涙)
ありがとうございます!!ひとえに読者の皆さまのお陰です!!!✧


この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。