――僕らの周りはいつだって



優しい“気まぐれ”に包まれている―…