あたしのお父さんとお母さんは
海外で仕事をしていて、帰ってくるのは
年に2回ほど。


だからあたしの家には家政婦が一人。


あたしの世話をしてくれる。


『星羅さん、おかえりなさい。』

家政婦の石田さんが、玄関までやって来た。


石田さんは、35歳くらいの女の人で、
お料理は凄く上手。


『...うん。』


『星羅さん、何かありましたか?』


石田さんはあたしを心配そうな表情で見つめる。



『なんでもない。お腹空いてないから、
なにも食べないから。』


それだけ言って、
自分の部屋がある二階に続く
階段を登って行った。



『星羅さん!』


石田さんに呼ばれても、無視して部屋へ入った。