今日から第1回の旅行の日。

麻帆から行ってきますラインを受け取ったばかり。

当然のことながら私は旅行には不参加で、この休み中もバイトの予定。

「おはようございます。」

「悠ちゃん、今日もバイトなんだな。」

いろんな人が声をかけてくれるようになった。

バイトも3週間経った。今日はゴールデンウイークの初日。

だいぶ勝手の分かってきたフロアの隅の机へ行く。

出席率の良い私は、いくつかある空き机の1つを占領するようになった。

隣は智樹先輩が使う事が多いが、先輩は仕事の内容によっては社内をあちらこちらしている。

そういえば、智樹先輩も旅行へ行ったよね。

この休み中は会えないんだなとちょっと寂しく感じる私。

時間が合えば、一緒にバイトに来て一緒に帰る。

それが習慣になりつつあった。

この作品のキーワード
恋愛  大学生  サークル  じれったい  青春  どきどき  曖昧  大人  胸キュン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。