彼が仕事部屋としているのは、2DKの間取りのうち、窓のない方の部屋だ。

なんでも隣宅と接していないので音を気にせずに済むらしい。

自然光の入らない仕事場は、一度こもってしまうと時間の感覚が失われる。
朝も夜もない。

あまり仕事熱心ではない彼だけど、集中すれば寝食を忘れることだってある。

私としては書斎兼寝室にしている窓のある部屋か、広々としたリビングで仕事をしてほしい。

陽射しを浴びれば、気分も変わるだろうし、彼の創作活動にも役立つはず。

この部屋は高層階ということもあって、眺めだけは本当に良いのだから。


私が部屋を訪れた時、彼はリビングで漫画雑誌を読んでいた。
ソファの肘掛に上肢を横たえ、脚を反対側にぶん投げてくつろいだ格好だ。

今日の彼は仕事熱心ではない方に振り子が振れているらしい。


「桜庭(さくらば)さんいらっしゃい」


彼が漫画から目を上げずに言った。


「海東(かいとう)くん」


私はリビングの入り口に立って言う。中まで入る気はない。

この作品のキーワード
年下男子  地味子  作家  我儘  愛憎  独占欲 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。