『あ、陸!』



会社からまっすぐ帰宅し、自分の家のリビングに入るなり、弟の海が俺の名を呼んだ。






『あー海、お疲れー』


俺はキッチンにある冷蔵庫からビールを取り出し、乾いた喉を一気に潤した。





『あぁー、うめー!』


ビールのあの独特の苦味を味わい、感想を述べると、クスッと笑う声がした。


俺はその笑う声に気づき、視線を移し、笑った張本人を視界に入れた。



と、同時に持っていたビールが床に落ちそうになる。






何故なら、そこにはー…。






『はじめまして、お兄さん』


そこには微笑みながら、会釈する一人の女性の姿が視界に映る。





『海君とお付き合いしてます、笹本 紗奈と申します』


そう言って、海の彼女の笹本さんが優しく微笑む。






神様、これは、いったい何の罰でしょうか?


俺は何か、あなたを怒らせるようなことをしましたか?









『…はじめまして』



俺は目の前にいる、海の彼女に戸惑いつつも挨拶を交わす。






『陸、この人がこの間言ってた、俺の彼女!
 言ってた通り、すっげー美人でしょ?』


何も知らない海はすごく嬉しそうに、彼女を俺に紹介した。







『あー…うん…』



戸惑う俺に、海は嬉しさのあまり、俺の様子に気がついていなくて。


戸惑う俺に、海の彼女は何事もなかったように微笑んでて。


俺、一人だけがその場の雰囲気に戸惑ってる。






『お兄さんって、陸さんっていうんですね?
 本当に海君とそっくり♪』


口元を手で隠しながら、紗奈はそう言った。


クスっと笑う、その声だけが海の彼女の口元から聞こえてくる。








この作品のキーワード
双子  元カノ  再会  切ない  中原亜依  妊娠・出産  親の想い