そして、恐怖の飲み会が始まるー…。








『お兄さん、そこのお皿、取ってもらえます?』



時間通りに俺の家にやってきた紗奈。


そして今はテーブルにおつまみやらを準備中。



紗奈に言われた通りに皿を渡すと、紗奈は二コリと微笑んで受け取る。






『ありがとうございます、お兄さん』



紗奈は何事もなかったように、俺から受け取ったお皿に、買ってきたおつまみやらを盛っていく。





何事もないー…


そんな訳がない。




昨日の話だぜ?



昨日、お前が俺を好きだって、そう言ってキスまでして…




でも、紗奈はにこやかな顔をして飲み会の準備をしている。





昨日、俺に言ったこと。


昨日、俺にキスをしたこと。


そして俺が“無理”って言ったこと。



紗奈は忘れているんだろうか?


それとも気にしていないだけ?


それとも、あれは“夢”だった?




俺は一人悶々と考えてしまう。







『陸、私、あのくらいじゃ諦めないから』




俺が考えている、そのことが分かったのか、紗奈は的確なタイミングで、そう俺に話しかけてきた。






紗奈の言葉に考えているのは、思いだしているのは、俺だけじゃないことを知る。


安堵、いや緊張、それとも不安、どれだか分からない気持ちが込み上げてくる。









『……お前は海の彼女』




『陸ー、準備出来た?』



言いかけたその時、海がキッチンに顔を出した。







この作品のキーワード
双子  元カノ  再会  切ない  中原亜依  妊娠・出産  親の想い