『………陸、あのこと言ってるの…?』








『…俺達にはあのことしかないだろ』





俺の言葉に紗奈は黙る。



紗奈が黙るということは、紗奈がその反応を見せるということは紗奈も俺が言っている件と同じことを頭に浮かべている、そう確信した。









『………陸、あのこと、許してくれないの……?』






『………紗奈?』





紗奈の顔がどんどん強張ったものに変わり、俺は紗奈の名を呼ぶ。









『だから…陸は私から離れたの…?』








紗奈の言っていることが直接的な別れの理由じゃない。


その事件があって、泣いてばかりの紗奈を見て、どうしていいか分からなかったんだ…










『紗奈、俺、お前といるの苦しかった…』







その言葉に、紗奈の目から一粒の涙が流れたー…
















この作品のキーワード
双子  元カノ  再会  切ない  中原亜依  妊娠・出産  親の想い