春爛漫…満開の桜が風に吹かれて散っている

柏木 桜子(22)は、今日から働く出版社に通勤中

桜並木の真ん中で、カメラマンがシャッターをきっていた


カメラを下ろしたカメラマンがこちらを見て微笑んだ。

あまりに綺麗なその容姿に、桜子は言葉を失った

彼は、桜子にとって、憧れの人になった

「…見てんじゃねぇよ」

その言葉を聞くまでは…


※ベリーズ文庫大賞にエントリー予定です

この作品のキーワード
激甘  王子  毒舌  裏の顔  憧れ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。