あなたの隣に立つ女。
まあ、顔は中の上ってところね。
あどけなさの残る童顔と優しそうなその雰囲気が売りってところかしら。
着ているドレスだって、まあそれなりに良いものを着ているみたいだけど、私の方が上ね。

他の女を値踏みしてしまうのは、女の性、いや私の性なのかしら。
どちらにしたってイヤな女だわ、私って。
こんな性格だから、あなたもその癒し系女の方を選んだんでしょう。

この作品のキーワード
浮気  復讐  パーティー