アイツはオレにないものばかりを持っている


どんなに無理をしても

アイツには敵わない…



オレがどんなに望んでも

決して手に入れられないものを

どうしてアイツは

易々と手に入れるのだろう?



オレが初めて自分から手を伸ばして

手に入れたいと思ったものでさえ

アイツはその手でさらっていった



それでもアイツを憎めないのは

なぜなんだろう?



オレにないものを持っているアイツ

アイツにないものを持っているオレ



オレと正反対のアイツを

どこか羨ましく思う

こんな自分が嫌いじゃない



いつの間にか当たり前のように

一緒に笑っていたオレたちは

この先どんな大人になるんだろう



大人になればいつかは

オレは何かひとつでも

アイツに勝てるだろうか



そして大人になったオレたちは

心から笑っているだろうか



この作品のキーワード
男目線  バンド  友情  切ない  ときめき  純愛  失恋  片思い  番外編  片想い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。