西の空がオレンジ色に染まり始めた頃。

ある小さな美容室。

常連客と和やかに談笑しながら軽やかにハサミを動かしていた美容師のルリカが、手を止めて壁時計を見上げた。

「リュウト、そろそろハルのお迎え行って来て。」

リュウトと呼ばれた若い男性美容師は、床に散らばった髪の毛をほうきで掃き集めながら小さくため息をついた。

「えー、またかよ…。」

不服そうに小声で呟くリュウトを、ルリカが鋭く睨み付ける。

「なんか言ったか?」

低く呟くルリカの声に、リュウトは慌てて首を横に振る。

この作品のキーワード
男目線  バンド  友情  切ない  ときめき  純愛  失恋  片思い  番外編  片想い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。