酔って帰った次の日の空は、
暗い雲が漂う真優の心を叱咤するように痛いほど晴れ渡っていた。

寝覚めはいつもよりも遅かったが、頭痛に悩まされることもなく
すっきりとした気分で起きた真優は、
この前酔った時とは違って前の晩に起きたことは覚えていた。

起きて、シャワーを浴び
一息ついてからスマートフォンを見ると、一緒に飲んだ同期の数人から心配するメッセージが入っていた。
家の者に迎えにきてもらったし、桐谷専務も怒ってないから心配ないと返信し、
ユキには、白木匡とは偶然あの場で会ったことを説明したが、

『あらまぁそうでしたか
 桐谷さまはどうして?』


問題があるとすればそこだ。


”言っときますけどね、
 あたしは ね、箱入りムスメなんですっ
 たいだいね
 セクハラヤローが何言っちゃってんの?”

言ったことも大体覚えているが、さすがに詳しいことは言えず…

『うーん…ちょっとね
 一次会の後、電話して
 もしかすると心配して駆けつけてくれたのかも…』


考えれば考えるほど、穴があったら入りたいほど恥ずかしくなり
今度こそ桐谷専務にはちゃんとあやまっておかなくちゃ、と
溜め息しかでない。

そして、ヒシッと抱きついたことを思い出して赤くなった真優に、

『そういえば桐谷さまが
 ”無理を通しても、所詮は徒花だ”
 そんなことを仰ってましたね』

ユキがそんなことを言った。


それについてはよく覚えていなかった。