「今日遅くなるから」



俺、柴山光太は俺の嫁の日香梨にそう言って家を出た。
ほんとはいってきますのちゅうとか憧れてたし好きになった奴には存分に甘えてもらいたい性格。

だがしかし、俺は大好きな日香梨に甘えられたら理性を保てる自信がない。

夫婦なんだからいいじゃないかと言う奴もいるが、俺はあいつに嫌われたくないただの臆病者。



ほんとはもっと甘やかしたい気持ちを抑えていた、今日の朝までは…。


この作品のキーワード
壁ドン  夫婦  キス  誘惑  反則  あまあま  残業