燃え盛る炎は、家全体を化け物のようにのみ込んでいく。

『ダメだって!!行けば、美咲が……』

『大丈夫。私は死なないから』

少女はそう笑顔で言うと、親友の腕を振りほどき、炎の中に飛び込んで行ってしまう。

『ダメだよ……。ダメ!美咲!!』

『君!危ないから下がってなさい』

『そんなっ……!中に美咲が……っ!』

消防隊員の力は強く、女の力ではどうにも振りきれない。

親友はその場に崩れ落ちた。

アスファルトに怒りをぶつけるように、拳を叩きつける。

『なんでよ、どうしてっ……』

泣き声をあげる彼女の声は、到着する消防車のサイレンにかき消された。

……4月13日の金曜日の夜――。

この作品のキーワード
推理  謎解き  ミステリー  通り魔    画家  探偵  刑事 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。