「そんなに甘えた声を出して、抱いてほしいのか?」


美帆乃は、足をばたつかせて抵抗するけれど……。

だけど、無駄だ。
狙った獲物は逃さないのが、俺の主義。


今すぐ、その唇を塞いでやるよ。


こちらは、2015.07.10発売の
「冷たい上司の温め方」の番外編になります。

応援してくださいました皆様に、感謝をこめて。


2015.07.09

この作品を読むには佐倉伊織さんのファン作家登録が必要です。