君が僕を忘れても


僕は君を忘れない






いつか


始まりの目覚めのときに




僕のことを覚えていて






その日を


待ち続けるからー…