**


「……はっくしゅん」


身震いとともにくしゃみが出て、そして意識が浮上する。
いつの間にか眠ってしまっていたらしい。


「やば」


慌ててうがいをするために立ち上がる。
飲食業は体調不良が一番まずい。風邪をひいたら店を休まなきゃいけなくなる。


洗面台に並んだボトルの中からうがい薬を探しだし、三回位ガラガラと音を立てて口をすすぐ。
口の中がスースーする。

それから買い置きしていた風邪薬を飲んだ。


うたた寝するなんて、どうかしてる。
一人暮らしにも飲食業にも、体調不良は天敵だから、いつもは気を抜かないようにしているのに。


「あんな夢みるなんて」


買ってもらった薄緑色のワンピースをもう一度見て、私は不満を漏らす。

片倉さんのせいよ。
慣れないことされたら、いつもと調子が狂っちゃったじゃいの。

昔のことなんて、思い出したくなかったのに。

私は首を振って、脳にまとわりつく記憶を振り払った。

忘れよう。
お父さんもお母さんも、履歴書に名前を書くだけの人。
それでいいって、随分前に納得したじゃない。
今更期待なんてしない。関り合いにもなりたくない。

……後悔があるとすればおじいちゃんのことだけだけど、もう私にはどうしようもない。


私の家族はおばあちゃんだけ。
それでいい。

これからも増えない。
こんな私に家族なんて作れないもん。

恋愛なんてなれないことも、やめよう。

私は、片倉さんがそこにいてくれるだけでいいの。
誰と付き合われても結婚されても構わない。
いてくれれば、生きていける。


「早く寝よう」


幸いお昼に沢山食べたのでお腹はそれほど空いていない。
冷蔵庫にある残り物をつまんで、シャワーを浴びてベッドに潜り込んだ。


この作品のキーワード
大人の恋  年の差  独身貴族  飲食店  溺愛  不器用  運命  言いなり  過去