男の前で、本当の自分を偽る女
小浦 楓

親友の柚月の彼・山城 悠の同僚
溝口 晃平

飲み会の席で知り合った。

俺の前では、本当の自分を出せよ。
お前って男に媚びるような性格じゃないだろう⁈

一夜の関係だけだったはずなのに…
本気になってしまった。

呼び出される度
愛の言葉もなく、ただ、執拗に求められ馴染んでしまった体

どんな素敵な男でも、彼と重ねてしまい他の男じゃ物足りない。

男に毒されてしまった心と体

離れることもできずに曖昧な関係を続けていた。

虚しくて
悲しくて
辛くて
私の心は壊れていく。


もう…限界
私を解放して

☆〜その唇は嘘をつく〜
に出でくる楓と溝口の話です。
こちらを読まれてない方は、是非こちらからお読みください。話が繋がると思います。

この作品のキーワード
切ない  プライド  誘惑  駆け引き  腹黒  臆病