◇◇◇


葉月部長がやってきた日から、半月後のこと。


午前中に2件の顧客回りと新規開拓に足を運んでいた私は、12時半に社に戻ってきた。


お腹が空いた。
今日の日替わり定食は何かな……。

そう思いながら、1階奥にある社員食堂に入っていく。


小さな社食は、満員御礼。

麻婆豆腐定食のトレーを手に、どこか空いている席はないかとキョロキョロしていたら、

「円香ちゃーん、ここ空いてるよー」

と、ムカつく声がした。


下山……。


6人掛けのテーブルの、下山の隣が空いていた。

パッと見た限り、他に空いている席はない。


それでも下山と話すのが嫌で聞こえないふりをしていたら、奴はニコニコと近寄ってきて、私のトレーを引ったくった。



「円香ちゃんてば、聞こえないの?
なんども呼んだのに。

ほら、僕の隣が空いてるから、おいでよ」



下山は私が嫌がっていることなど、微塵も気づいていないようだ。


あからさまな溜息をついても、「外回りでお疲れなんだね」と言って、違う理由にされてしまった。