相変わらずなのに変わったの?

それってどっちなの。

変わらないところもあって、変わったところもあるってこと?

それってトータル変わったとか言わない?

ぼんやりしていたら、何故か手を掴まれて、開いたドアから一緒に電車を降りた。

「……あなた、降りる駅じゃないでしょう」

「お前は降りる駅だろう?」

「送ってくれなくてもいいよ」

「そこまで都合よく考えてないって」

手を繋がれたままに歩きだされ、そのまま改札を抜けた。

見慣れた駅前の風景と、見慣れない翔梧の姿が不思議な感じだ。

「真由……」

「ん……?」

繋がれた手が離されて、そして翔梧の視線が下りてくる。

「元気そうで安心した」

柔らかく微笑まれて、少しどきまぎしてしまう。

そうだなぁ……。私も驚いたけれど、翔梧も元気そうで安心したかも。

「ところで真由」

「はい?」

唐突に変わった真剣な表情に、今度はドキドキした。

「お前、俺がずっと真由のこと好きだって言ったら引くか?」

……はい?

ずっと……ず……。

「三年も!?」

「ああ……やっぱり引いたか。じゃあ言わねぇ」

あっさりと言い放つから、まじまじと眺めてしまった。

いや。言ったも同然じゃない?

今、言ったよね?

「ちょ……ちょっと待とう? だってどこにいるかも解らない女を……って、どれだけ?」

「まぁ、それはまた改めて。明日、ミーティングで来社するからよろしくな」

片手を上げて、去っていく翔梧を呆然と見送り、何度も瞬きした。

いいたい放題だな。

……と、言うか、何なんだ、その爆弾みたいな発言は!!