あなたにとって大切な人はいますか?


身近な人ほどなかなか気付けない
気付いたときにはもう手後れかもしれない




だけど


もしもまだチャンスがあるなら…


あなたは


どうしますか?



これはとある18歳の女の子のお話。



-私のとなりにいるのは

ただの幼馴染みです-



短編です。

この作品のキーワード
初恋  バドミントン  受験  帰り道  幼なじみ  恋愛  腐れ縁