命の儚さとそれを繋げる人の物語。

この作品のキーワード
病気   切ない  死ネタ  純愛