地味でも、真面目で堅実に生きていければそれでいい。



そんな私の心を知りながら、あなたは軽々しく肌に触れる。

不敵な笑みと、すべてを見透かした瞳で。



そう、いつだって。