ある少女には忘れられない人がいた
孤独だった少女は幸せになることができるのか!?

安達陽
 ×
工藤さやか


「俺はお前に溺れているんだよ」

「でも、、、私には、、、」

「忘れさせてやるよ」
そうしてあなたは優しいキスをしてくる

「あきらめられねーんだよ」

「好きだ」






3月13日  読者数10人突破!
3月18日  読者数15人突破!
3月27日  読者数20人突破!
4月14日  読者数25人突破!
7月1日   読者数30人突破!
2016
12月20日 読者数50人突破!
2017
3月29日  読者数60人突破!
11月29日 読者数85人突破!

この作品のキーワード
復讐  溺愛  ヤクザ