「ん…あれ? ここダブってるぜ、こりゃ同一人物だ」

「えっ、ほんと、別人の名前に見えるけど」

「表記が違うだけだ。中東営業の奴、チェックが雑だな、言っとくよ」

「いいよ、こっちで対応するから」



前向きに言ったつもりが、じろっと厳しい視線をもらった。

久住くんのPCを横から覗き込んでいた私は、つい身構える。

お風呂上がりのいい匂いをさせて、彼は「あのなあ」と口を開いた。



「そういう問題じゃないだろ、不備は不備って指摘して、同じことが二度と起こらないようにしないと」

「でも、しづらいよ、指摘とか…」

「そこを空気悪くせずに言うのが仕事ってもんだろ。それを避ければお前は楽だろうけど、全体的に見たらなにもいいことない。手抜きって言うんだよ、そういうの」



…きつい。

が、正しい。



「やっぱり、海外と交流があるからなのかな、そういうはっきりした感じ」

「知るか、単に考え方の違いだろ、なんでもかんでも国内と海外に分けんなよ、それこそ国内の悪いくせだと思うぜ」

「ごめん」

「すぐ謝んのもお前の悪いくせな」

「日本人だから」

「しつこいっての」



最後のは私なりの冗談だ。

理解してもらえたらしく、久住くんは笑って、私の首に手を回した。

そうして引き寄せて、実に何気ないキスをくれる。

私のことを、好きでもないはずなのに。



「久住くんて、いくつ?」

「27だよ、お前違うの?」

「同じ」



突然そんなことを聞いた私に、彼は不思議そうな顔をした。

あのね、こんなことも知らないのにつきあっているという、この状況のほうが不思議なんだよ、私には。

この作品のキーワード
大人の恋  同期  強引  じれじれ  オフィスラブ  俺様