思うに、久住くんは根が真面目なのだ。

だから『彼女と思って生活する』と言った以上は、そのように振る舞う。

そりゃもう、過剰なんじゃないか、というくらいに。

一方の私は、いまだに自分のスタンスを決められずにいる。





「六条さん、久住と会ったりする?」

「はっ?」



廊下で同期の男の子に呼び止められたと思ったら、そんなことを言われたので、声が裏返る勢いで動揺した。

吾川(あがわ)くんという子で、フロアが同じなため、同期の中では交流のあるほうだ。



「えっ、え、なんで、会うって?」

「あれ、WDMの仕事、一緒にやってるんじゃなかったっけ」



…もう私、知られたがっているとしか思えない。

いや、そもそも知られたって別にいいんだった。

しっかりしよう、もう。



「久住に頼み事してたんだけど、つかまらなくてさ」

「今、海外出張中だよ」

「あっ、そうなの? それじゃ仕方ないか」



中性的というか優しげというか、久住くんとは違ったタイプだけど、巨額の予算を使う最前線の部署、宣伝課にいるだけあって、言動には迷いがなく、人気があるという話も聞く。



「たぶん仕事でやりとりするけど、なにか伝えようか?」

「頼むよ、俺が探してたって言えば通じるから」

「了解」



とりあえず、不審に思われずに済み、ほっとした。



【やべー、忘れてた】



昼休み、仕事が詰まっていたので食事に出られず、デスクでパンを食べながら久住くんに連絡を取ってみると、そんなメッセージが返ってきた。



【仕事の話?】

【いや、合コン】

この作品のキーワード
大人の恋  同期  強引  じれじれ  オフィスラブ  俺様