いつも見ていた 遠くのキミは
いつも変わらず 穏やかだけど
時折見せる 強い輝きは
キミの心の深くに眠る
キミの夢の輝きなんだね…

気づいてくれそうで 気づいてくれない
あとほんのちょっとのところまで
近づいてくれるのに
何も言わずに去ってしまう
波のようなキミは Shy Boy

クールに見えても 冷たいわけじゃない
嫌われてしまいそうなほど
いつも困らせるのに
大きな心で受け止めてくれる
海のようなキミは Shine Boy

もっと あたしに見せてよ
キミの広い心の世界を

もっと あたしに聞かせてよ
キミの深い心の声を

いつか あたしは行きたい
いつか きっとたどりつく
青く輝く海のキミへ……



“熱愛”と呼ぶにはまだ幼い……真夏の
“熱恋(ねつこい)”が沖縄の海で燃える♪