独身。四十代。恋人なし。

しかし、沙耶子も恋をしたことはあった。
今から20年も前。沙耶子が大学生だった頃。

相手と出会ったのは、当時、趣味で始めた映画のホームページだった。

彼がある書き込みをしたことから、二人の恋は始まった。

甘く、切なく、透明な――

この作品のキーワード
独身  アラフォー  おひとりさま  純愛  90年代  純文学  アラサー  すれ違い  不器用  短編