「えっ!?」
 あちこちから異口同音の反応が上がったのは当然だ。通用口に控えていた受付嬢たちこそが優輝の案内役なのであって、それを優輝本人が一瞬でぶち壊したからだ。
「でも彼女は契約社員でして、守岡さんの案内役には適さないかと……」
 慌てて口を開いたおじさまを無視して、優輝は私に近づいてきた。
「僕は彼女と話をしてみたいんです」
 な、何を言い出すんだ、この男は!
 目を剥いて抗議してみたが、優輝は私の前へ来ると「はじめまして」と軽く頭を下げた。
「はじ……め、まして?」
「お名前を伺ってもいいですか」
「柴田です。というか、名札見ればわかると思いますけど」
 私がそう答えると、息を詰めて見守っていた周囲の人間たちが一斉に声を上げた。
「おい、そんな言い方……!」
 その中で高木さんだけがクスッと笑いを漏らし、私たちのほうへやって来た。
「皆さん、わがままを言って申し訳ない。守岡は予定調和を嫌っているだけなので、ほんの少しこのわがままに付き合っていただけませんか」
 さすがは優輝のマネージャーだ。彼のそのひと言でスーツのおじさまたちは諦めたような表情をし、壁際の受付嬢たちも私を睨むのをやめ、ひそひそ話をしながら優輝の背中を見つめることに専念し始めた。
 谷本さんに至っては優輝が間近にいることでぽーっと放心状態になっていたが、いきなり我に返ったかと思うと、ぐいと私を優輝の前に押し出した。
「柴田さんはへらへら媚びたりしないから、案内役には適任ですよ。こんなにしっかりした子、今どき珍しいと思います。守岡さん、やっぱり見る目あるわぁ!」
 私はのけぞって優輝から少しでも離れようと試みたが、通用口という狭い空間に人々が密集している中では半歩下がるのもやっとのこと。しかも私の背中は谷本さんにしっかりと両手でと支えられていた。
 フッと笑う声が聞こえる。顔を上げると意地悪な目が私を見下ろしていた。
「柴田さんに案内してもらえないなら、僕はもう帰ります」
「……わかりました。ご案内いたします」
 なぜこうなる。
 この後、私の身に降りかかる災難がどの程度の規模になるのかまったく想像もつかないが、とりあえず今はそう答えるしかなかった。

「こちらが社員食堂になります」