ネクタイを片手で緩めて、
不機嫌な瞳が私を捕らえる。

その唇が触れるたび、
甘くて、くるしくて、温かくて、ずるくて。



じわりじわりと私の脳内を侵食するきみは
いつもきまって、不機嫌なキスをする。








藍沢 紘
Aizawa Hiro
プレイボーイな最低クズ男

×


内田 紗和
Uchida Sawa
幼なじみに片想いする普通の女の子








『──冗談でもいいし、
アイツの代わりでもいーよ』



きみの本心を、何も知らない。

私が知ってるのは、
不機嫌なきみのキスだけ。


あらすじ

「慰めてよ」そう言ってキスされた日から、クラスメイトの紘とキスするようになった紗和。お互いに他に好きな人がいるのに、こんなのおかしい。そう思いながらも、紗和はだんだん紘と一緒にいる時間が楽しくなっていく。だけど、紘のキスはいつも不機嫌。彼の本当の気持ちは全然わからなくて──……。

紘、どうしてあの日、私にキスしたの?

この作品のキーワード
恋愛  キス  切ない  三角関係  クズ  プレイボーイ  胸キュン  片想い