誰かの手が私の頭を優しく撫でている。

肌に触れるシーツの柔らかい感触と、その温かい手が気持ちが良くて、まだ眠っていたい。




……ん?


誰の手……?



私は、重いまぶたをゆっくりと持ち上げた。

「ああ、ごめん。起こしたかな」

すぐ目の前には、優しく微笑む小野原さんの顔が。

え……?

……何で、私と同じように横になってるの……?

私は、視線を動かして――

一気に目が覚めた。



胸の辺りまで、薄手の毛布を掛けてるけど、な、何で……


何で、二人とも裸なのーーっ!?



私は悲鳴を上げるよりも前に、慌てて毛布を引っ張って、頭からかぶった。

「あ、ああああのっ!一体どうなって……」

「覚えてない?」

「えっ!?」

「昨夜の香奈は一段とかわいかったよ」

「……!!」

何で、何で何で何で!?

全然覚えてないっ!!

ていうか、これってやっぱり『そういうこと』なの!?

「香奈、顔を見せて」

「む、無理です……!!」

恥ずかしくて、顔なんて見れないよ!

それに、別に酔ってたわけでもないし、全然覚えてないなんて、最悪だ!

「香奈……」

小野原さんの手が毛布に掛かり、グッと引っ張った。

だ、ダメ……!顔も裸も見られちゃう……!




「きゃあああ!」