このエッセイは、妊娠・出産の体験記(のようなもの)です。しかしながら、キラキラもしていなければ、ふわふわ感もございません。素晴らしい母性や感動的な母子愛を歌い上げたハートウォーミングな雰囲気とは違うかなぁと思います。

 ざっくり申しますと、覚悟もないまま思いがけず妊婦となった女性が、ちまちま地味に悩みながら気持ちの折り合いをつけていく、その過程を淡々と綴ったお話です。その辺りをご承知おきの上お読みいただけると助かりますデス(初っ端から図々しくお願いなんてしてすんません……)。

 他の生き物たちのことはわかりませんが、人間って子どもを産んだからって親になれるわけじゃないんですよね。母性本能という便利な機能が備わっているという話もありますが、どうなんでしょうねぇ。

 確かに妊娠と同時に豹変……えーと、母性愛にシャキーンと目覚める人もおられます。ですが、母性なるものが発動しない人もいる。これ、本当です。私が生き証人ってやつですよ、ええ。

 ある教育者のかたが「女の子は素晴らしい母性をもって生まれてくる」と仰っているのをテレビで見たことがあります。男性のかたでした。いやいやいやいや、本当かい? それ、例外ないの? 思いきり懐疑的な私ですよ(苦笑)

 ここだけの話ですが(え?)、私は人間の赤ん坊を見て「赤ちゃん可愛い」と思ったことが一度もありません。子どもの頃からずっとです。周りの女の子たちが、お人形を使ってお母さんごっこをしているのを見ても、何が楽しいのかさっぱりわかりませんでした。そして、その感覚のまま大人になっていったのです。

 そんな感じなもんで「自分のような人間が親になるべきではないだろう」という気持ちがずっとどこかにありました。そして、いつしかそれは「自分みたいなやつが親になれるわけがない」という気持ちに変わっていったのです。なのに――人生というのは、本当にわからないものですね(汗)

 犬の赤ちゃんも猫の赤ちゃんも可愛いのに、どうして人間の赤ちゃんは可愛いと思えないのだろう? 「旦那は要らないけど子どもは絶対欲しい!」という女性の気持ちもわかりません。子どもができれば変わる(わかる)? 産めば変わる(わかる)? 本当にそうなのだろうか?

 結果を申しますと、ちーっとも変わりませんでしたよ、ええ(爆)まあ、この辺りの感覚も人によっていろいろらしいです。産み落とした瞬間に「愛しのベビたん!」となる人も確かにいるそうです。

 自他ともに認める「子ども嫌い」だった人が、大大大の「子ども好き」になって、保育園まで開いちゃったという話も聞いたことがありました。一方で、我が子は可愛いくてもよその子はやっぱり可愛くないまま、という人も……。