名前を呼ばれて再び診察へ入りました。夫も一緒……だったと思います。この辺の記憶、実はちょーっと曖昧だったりするんですね(苦笑) だるくて頭がぼんやりしていたというのもありますが、緊張感とかよくわらかない高揚感などもありまして。頭が働いていなかったのかもしれません……(汗)

 近隣の医療機関を通り越してわざわざこちらのクリニックを受診したのは、やっぱり先生の人柄というもありました。口コミなどでは「クールな女医さん」という評価が多いE先生ですが、私はずっと「温厚で冷静で知的な人」という印象を持っていました。

 私、いきなりフレンドリーでフランクな女医さんって苦手なところがありまして……。ショップ店員さんみたいな軽~い感じでこられると、ちょっと引いてしまうのです。

 十代や二十代の人は、そういうノリのほうが安心できたり話しやすかったりするのかもしれませんが、三十代を過ぎますとちょっと……。ほどよい距離感を持ちつつ普通に敬語でやりとりさせて欲しい。

 そういったところで、E先生は私にとってたいへん話しやすい先生でした。ただ、人によっては、その淡々とした感じがちょっとクールでよそよそしく感じられるのかもしれませんが。

「陽性ということで妊娠については間違いないかと思います」

先生からあらためて説明を受けつつ「さっきもう聞いちゃってたんですけどね……」と心の中で苦笑する私です。

「まずはエコーを使って今の状態を詳しく診察させてください」

先生は淡々と、でも穏やかに言いました。

 妊婦のエコー検査って、ベッドに横になった状態でお腹にゼリーを塗って、端末器を当てながらモニターを観察するというイメージがありませんか? でも、それは胎児がもっと成長してお腹が大きくなってきてからなんですね。

 妊娠初期の頃は、内診台にのっかって下から機械を挿し込むかたちで検査します。まあ、この辺の流れは何度も婦人科にかかっている自分は平気なもんです。

「卵巣に腫れもありませんし、子宮も特に問題なく正常な妊娠ですね」

モニターの画像を見ながら先生は丁寧に説明してくれます。その一つひとつを聞きながら、私はただただ「へー、はー、ほー」とモニターに映し出された白黒の画像を眺めていたのでした。え? 感動ですか? うーん、どうでしょう……(苦笑)