気付けばあなたに惹かれていた。


それでも、あなたの一番にはなれないのなら、いっそこの思いを捨ててしまおう。



捨ててしまうその前に、一晩だけ夢が見たい。




「それはとっくに恋だった」スピンオフです!!

主人公は、ちょっと会話の中に出てきたあの子!!

「それはとっくに恋だった」を読んでいなくても大丈夫だと思います・・・たぶん。

この作品のキーワード
両片思い  プロポーズ