★2017年9月にベリーズ文庫にて書籍化するため、こちらの作品は申し訳ありませんが限定公開となります。今までお読みいただき、ありがとうございました!★




外資系化粧品ブランド
『CHiC make tokyo』

大好きな化粧品ブランドで働く、
ごくごく普通のアラサー女子、

広報宣伝部
斎原 佑月 (さいはら ゆづき) 25歳



平凡だけど平和だった日常が、

一本のルージュのせいで

とんでもない毎日に変わる(?!)




CHiC make tokyo 副社長
高宮 翔 (たかみや かける)

「昨日のこと、覚えてないなら教えてやってもいいけど、条件がある」



幼馴染み + エリート弁護士
橘 颯太 (たちばな そうた)

「いつまでも、隣のお兄ちゃんでいるつもりないから」



at B.C. square TOKYO…♡




゚・*:.。. .。.:*・゜
恋するビル小説コンテスト
♥︎エントリー作品♥︎
゚・*:.。. .。.:*・゜


この度、『恋するビル小説コンテスト』にて大賞に選んでいただきました!
この作品に触れて下さった全ての方々に心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました!( ˃ ⌑ ˂ഃ )



2017年3月12日 完結

お読み下さった皆様、ありがとうございました!


3/13 おまけ小話『副社長って何歳?』をアップしました。


★レビューありがとうございます★
百瀬七海様
紅カオル様
HKH様

好評発売中

あらすじを見る
外資系化粧品会社で働く佑月は仕事に一生懸命な25歳。ある日飲み会で泥酔してしまい、翌朝目を覚ますと…そこはアメリカからやってきたエリート副社長・高宮の家だった!昨晩何があったか教えるかわりに「これから俺が呼び出したら、すぐに飛んでこい」と横暴な命令をされ、反発する佑月。だけど、“業務命令”だと迫られ、頷くまで帰してもらえず、しかたなく承諾することになって…!?
この作品のキーワード
オフィスラブ  OL  御曹司  副社長  幼馴染み  弁護士  大人の恋  イケメン  俺様  胸キュン