バレンタインに駄菓子を彼女からもらった悩める男子、小暮に、友人の「俺」が伝えたのは……。

やさしい、でも切ないバレンタインのお話。