「んー!久しぶりの日本だ!!」



私、月見里 楓(やまなし かえで)は1年前、中学3年生になる前の春休みに異世界に呼び出された。


無事、魔王を倒し世界を救った後、自力で帰宅。


これからは華のJKライフが送れる!!


なんて呑気に考えてましたよ、帰ってきた当時は。


まず、中学1、2年生の勉強しか習ってない上に、それすらもあまり覚えていない。


それどころか1年も行方不明だったのだ。


私が死んだと半ば諦めていた家族や友達、知り合い達からは泣いて喜ばれた。


さらに病院で色々な検査を受けながら、警察から色々事情を聞かれたが、まさか異世界救ってきました。なんて言えるはずもなく。


私は記憶が無い振りをしていた。


こんな状態で、元々成績は良かった私も受験勉強なんて捗るわけもなく。


入れた高校はここら辺ではかなり偏差値の低い学校。


寧ろここに入れただけ良しとしよう、というレベルまで私の学力は落ちていた。


中2の頃は、かなり偏差値の高い学校に入ろうと頑張ってたのになぁ……

この作品のキーワード
ファンタジー  魔法  魔法使い  美男美女  最強  異世界救出  学校