あの日、大好きだった彼に吐いた

「大嫌い」の五文字

それから私は彼に会うことはなくて

そして久しぶりに会った彼の隣には

私ではない人がいて



「お前が俺を捨てたんだろ」


「あの人には近づかないで」


「俺、倉科さんが好きだ」

「ねぇ、戻ってきてよ」





私が吐いた大きな嘘

「大嫌い」「愛してる」

同じ五文字なのに全く違う意味


神様、質問です



『あの日の嘘は取り消せますか?』










この作品のキーワード
切ない    悲しい  記憶喪失  怖い  失明  シリアス  病気  恋愛  イチ恋小説