ずっとキミが好きだった

顔を赤らめ笑うその笑顔が好きだった

悪魔のように笑うその顔も

全部全部愛しくて



騙されてるなんて百も承知

付き合う前から知ってたよ

キミの目的は僕の顔

そんな悪魔なキミも愛しくて



キミの好きな僕の顔

その持ち主は僕だから

"キミは僕が好きでしょう?"

なんてココロで囁いて



結局世の中惚れたもん負け

キミの好きなタイプに似せて

最近甘々になりました



それでもキミはアイツがすきで

どうしようもなく 好きな様で

それならそれで早くフってと

そう思うけど言えなくて



だけどもう見てられなくて

僕の口は早口に動いた

"もう別れよう"と

男なのに泣きそうで

だけどこれは

どうしようもなく一途なキミに

恋してしまった罰だろう?




少しでも引き止めて欲しかった

"嫌だ"とも一言も言わずに

何かを決心した顔をして

コクンと頷いた



思い返せばキミとは

何にもしてなかったよね

デートもしたかったな…

なんて女じゃないのにさ

こんなんだからフられたんだ

もっと強くならなきゃな




今頃キミはアイツと仲良くしているはず

それでもいい

…それが、いい

本当に思いあっているのなら…

それが一番の幸せでしょう?





なんてお人好しなのか

自分でも笑えてくるよ

少しでも好意を寄せてくれていたと

しばらくは考えていそうです




だけど許してよ

キミがアイツと付き合えたのは

5割位は僕のおかげでしょう?





いつの日にか思い出して?

お人好しの人がいたな…位でいいから

それだけで幸せだから

だから幸せになって

今は…そう、願うだけ。




ーーーーーーーーーーーendーーーー



この作品のキーワード
    別れ  諦め  幸せ  思いやり  愛おしい