「ねぇ、君」


近藤様ぁ!!とあがめていると、栗色の髪の毛が印象的な男の子が話しかけてきた。一花は首をかしげる。


『なんでしょう』


「君って、変な道でも歩いてたの??」


『変な道??』


「そう、人気の無い山の中とか」


『山!?違います……私は、学校の美術室で居眠りてました』


「がっこう??びじゅつしつ??」


ポンポンッとハテナが頭上に複数表れるのが見えた。


あ、そうか学校も美術室も伝わらないのか。


『えっと、学び屋??寺子屋??見たいなところで、絵を描く部屋で居眠りしてたんです』


「それって、おかしいよね」


『おかしい??』


「おかしいな」


茶髪君と話していると、トシさんも頷いた。どういうこと??


「怪道は、人間がごくまれに迷い込んじまうが、大体は山の中で歩いていたやつだ」


トシさんの説明を聞いていると、おかしいなと感じ始めた。


『私、山どころか居眠りしてた』


「そうだよね。君は居眠りしてた。居眠りしてた人が迷い込んでくるかな??」


え、知らぬ間に夢遊病??


「故意的に誰かが、君を連れてきたって考える方が筋が通ると僕は思うよ」


故意的って、何で私を??一花は、固まったまま開いた口を塞げずに居た。


この作品のキーワード
新撰組  異世界  江戸風    妖怪    グダグダ  あやふや