疎遠になりつつあった両親から突き付けられたのは、

いわゆる“政略結婚”だった。


そんな結婚も、そんな結婚をさせようとする親も嫌だった。

ひと泡吹かせてやりたいと声を荒げた私に、



「お前は両親に、

俺が好きだと言えばいい。

倉渕のとこのひとり息子と付き合ってる。

いずれ結婚したいと思ってる。

そう言ってやればいい」



自信たっぷりの笑みを浮かべて

彼がそう言った。



最強の一手すぎて使えない。

そう思ったのに……、

事態は思わぬ方向へと動き出す。





17/07/22 start
18/03/01 end





この作品のキーワード
シンデレラ  猫かわいがり  溺愛  腐れ縁  御曹司