それからひと晩待っても稔へのメッセージに既読は付かず、電話もなかった。

朝になり由衣子から体調を気遣うメッセージがきた。

『大丈夫、心配させて悪かった』と返信すると私の誕生日を祝うメッセージと誕生日プレゼントがあるから明後日の月曜日の仕事の後に会いたいという内容のメッセージが届いた。

由衣子は私が今夜稔と過ごすことを知っている。
誕生日当日に約束しなかったのは由衣子の私への配慮だろう。


稔からの連絡がなかったけど、彼との約束は今夜18時。
昨夜とは違うホテルのロビー。

土曜日の今日も仕事だから夕方からしか会えないと数日前から言われていた。

果たして稔は来るのだろうか。

私はどんな顔をして会えばいい?



**********

ホテルの最上階にあるBarにいた。
私ひとりで。


昨日から今日の出来事が頭の中をぐるぐると回る。


昨夜からずっと待っていた稔からのメッセージが届いたのは今日の午後だった。今日の待ち合わせの確認。
あれからずっと里美と一緒にいたのだろうか。
今日は本当に来るのだろうか。

でも、稔は約束通りロビーに現れた。

ホッとした。

昨夜見たのは別人だったんじゃないか、何かの間違いだったんじゃないかと思えてきた。


でも、間違いじゃなかった。

私は実にあっさりと別れを告げられたのだから。

稔は私と合流するとそのまま予約していた客室に私を連れて行きそこで私に別れを告げた。

昨夜の状況から想像がついていたとはいえ4年近くも付き合った相手にその仕打ち。
あまりにもひどいんじゃないだろうか。

「部屋の支払いは済んでるから早希はこのまま泊まればいい。泣きわめいて修羅場になるなんてことは考えなかったけど、お前、泣きもしないんだな」

そんな無神経な言葉が私の中の何かを破壊した。
奥歯を噛み締め拳をギュッと握り締めた。

私の知っている稔はもうどこにもいない。