僕らは、人間だった。

僕らは、心を持っていた。



人間でありながら、人間としての尊厳を奪われ、愛する者さえ奪われた哀れな二人の物語。