プルルル プルルル プルルル

電話が鳴ったのは、お風呂から上がったばかりで真っ裸の状態の時だった。


誰…?

手に取った画面に表示されていたのは、見慣れた名前。

…だけど、最近は見ることもなくなっていた、もう二度と見ることもないと思っていた名前。


『野村龍二』の文字。


龍二…?

突然のことにドキドキしながら、通話ボタンを押してスピーカーにした。

「…もしもし」

『もしもし、歩美』

「…どうしたの」

久しぶりに聞く龍二の声は以前と全く変わらなくて、少し胸の奥が疼く。

静かに身体を拭きながら、その声に耳をすませた。

『…今、お前のアパートの前にいるんだ。
部屋に行っちゃダメかな』

アパートの前?

「…何言ってんの…?」

『…とにかくちょっと話がしたくて…』

話…?今さら何の話があるっていうの。

なんか送り忘れた荷物でもあったかな。

戸惑ったけど、彼は今アパートの前まで来ている。

彼の住んでいる場所はここから5駅も先だ。

わざわざここまで来てくれたのに門前払いするわけにもいかない。

「…いいよ。来ても」