これから親孝行するからね! 

就職し、やっと母親孝行が出来ると思ったのもつかの間、
女手一つで自分を育ててくれた母をガンで亡くした白梅素子の前に、
弟だと名乗る青年、黄金川礼門と、その護衛だという青竹征治が現れる。

自らの出自と、
課せられた使命に戸惑いながら、
護衛として同居する事になった青年、青竹征治に惹かれていく、素子。



「姫、ご無礼いたします」

 耳元で、甘く響く美声がしたかと思うと、ぐるん、と、私の視界が反転した。

「えええええええーーーーーっ」

 私は、長身の男性に抱きかかえられていた。

 何これ!? 何なの? なんか、つっこみどころ満載なんですけどっ!





架空の風水都市、津久根市を舞台とした、ヒロイックアクション未満。

第2回ベリーズカフェ恋愛小説大賞 応募 選外

2017.12.27 公開
2017.12.31 完結

この作品のキーワード
同居  変身ヒーロー