「わかっ、、んっ、、らなっ、あぁ、、!」





「、、、っ向こうむいてろ。」

透は顔を歪め、絞り出すように声を出す。



言われた通りに横を向く。
早くなる律動に唇を噛み締める。

「んんっ、、んっ!」



薄っすら血の滲む彩葉の唇に気づき、顔を寄せ優しくキスを落とす。


「噛みしめるな。、、、口が切れてる。」

そのまま抱きしめられ、彩葉は何度も揺さぶられ意識が薄れていった。